学習習慣の質を変える7つの習慣J®

成績目標達成をするためにとても大事なのは、今の自分にとって当たり前になっている「考え方」、「発言」、「行動」をとらえ直すことです。実は、この普段の「習慣」になっている行動パターンは、学習を始め、何かに取り組む際に大きな影響を与えるものです。お子様の「考え方」発言」「行動」に表れる「習慣」は、成績目標達成ができる「学習習慣」につながるものでしょうか?当塾で導入している「7つの習慣J®」プログラムは、誰にも共通して役立つ考え方や行動パターンを理解し、自分自身で良い学習習慣を身につけるための教育プログラムです。全国の数多くの私立学校でも導入が進んでいるこの「7つの習慣J®」プログラムを当塾は全国に先駆けて導入しています。

※プログラムを導入している校舎としていない校舎があります。詳しくは直接校舎にお問い合わせください。

どちらのタイプの行動や考え方が習慣になっていますか?

あなたの普段の考え方、行動や発言を思い浮かべてみてください。どちらのタイプに当てはまることが多いでしょうか?習慣になっているものはありますか?

あなたはどちらのタイプですか?
7つの習慣 7つの悪習慣
第1の習慣 自分で選択する  
成績が良くないのは、学校のせい?親のせい?
自分自身の問題として考えられるようになります。
⇔人のせいにする
第2の習慣 終わりを考えてから始める  
自分がどんな人間になりたいのか?勉強はどんな意味を持つのか?
自分なりの考えをしっかり持つようになります。
⇔目的を持たないで始める
第3の習慣 一番大切なことを優先する  
宿題をやるのが先か?ゲームのクリアが先か??
自分にとって大切なことは何かを考えられるようになります。
⇔一番大切なことは後回し
第4の習慣 Win-Winを考える  
我慢すれば良いの?押し通すのが良いの??
相手に対する思いやりを持ちながら、自分を主張する勇気を持てるようになります。
⇔勝ち負けという考え方
第5の習慣 まず相手を理解してから、次に理解される  
どうしてコミュニケーションが上手く行かないんだろう?
聴く力を身に付けることができます。
⇔先ず自分が話し、それから聞くふりをする
第6の習慣 相乗効果を発揮する  
誰かに合わせ妥協したり、あきらめたりしない。
もっともっと良い考えを出そうとするようになります。
⇔頼れるのは自分だけ
第7の習慣 自分を磨く  
勉強だけできれば良い?スポーツだけできれば良い?
バランス良く自分自身を高める習慣が身につきます。
⇔自分をすり減らす

良い学習習慣作りにも役立つ「7つの習慣」とは?

「7つの習慣」
第1の習慣 自分が選択する
成績が良くないのは、学校のせい?親のせい?自分自身の問題として考えられるようになります。
第2の習慣 終わりを考えてから始める
自分がどんな人間になりたいのか?勉強はどんな意味を持つのか?自分なりの考えをしっかりと持つようになります。
第3の習慣 一番大切なことを優先する
宿題をやるのが先か?ゲームのクリアが先か??自分にとって大切なことは何かを考えられるようになります。
第4の習慣 Win-Winを考える
我慢すれば良いの?押し通すのがいいの??相手に対する思いやりを持ちながら、自分を主張する勇気を持てるようになります。
第5の習慣 まず相手を理解してから、次に理解される
どうしてコミュニケーションが上手く行かないんだろう?聴く力を身につけることができます。
第6の習慣 相乗効果を発揮する
誰かに合わせ妥協したり、あきらめたりしない。もっともっと良い考えを出そうとするようになります。
第7の習慣 自分を磨く
勉強だけできばいい?スポーツだけできればいい?バランスよく自分自身を褒める習慣が身につきます。

「7つの習慣」とは、自分の望む行動結果を出すために誰もが必要とする習慣が7つにまとめられているものです。「7つの習慣J®」プログラムでは、この「7つの習慣」の考え方を基礎にした、成績目標達成をするのに必要な考え方と具体的な技術を実践形式で学んで行きます。

「7つの習慣J®」プログラムの元となった有名な書籍

「7つの習慣J®」のもととなった書籍『7つの習慣®』は世界中で多くの人に読み継がれてきました。また、この書籍をもとにした研修を通じ、子どもから大人まで多数の人々が「7つの習慣」を学んでいます。

  • 書籍『7つの習慣』は、全世界で3000万部以上、日本では180万部を超えるベストセラー。翻訳は44カ国語に渡る。多くのビジネス誌上のランキングや著名人により、印象に残った本、読んでおきたい本として紹介され続けている。
  • 研修も有名で、世界では米国フォーチュン誌が選ぶ米国企業ランキングベスト100のうち90%が導入、日本でも数多くの企業や政府機関で導入されている。
  • 子ども向けの教育にも世界中で活用されており、海外では7つの習慣を主体にした学校が運営されている例もある。日本では、「7つの習慣J」プログラムが、当塾はじめ、私立学校など多数の教育機関に導入されている。

「7つの習慣J®」の授業で学べる学習習慣

「7つの習慣J®」プログラムの内容や、授業の様子についてご紹介します。

良い学習習慣を生み出すための秘訣を学ぶ

「7つの習慣J®」プログラムを受講することで、成績目標達成に必要な、質の良い学習習慣を身につけることができます。授業では、学生の内に必ず習得しておきたい目標達成力のための習慣を身につけることができます。この力は学習だけではなく、普段の生活や今後の就職、社会人生活にも役立つものです。

聞くだけで終わりではない、体験型の学習習慣形成プログラム

良い習慣を身につけるには、今までの習慣を振り返り、新しい良い習慣について理解した上で、行動してみることがとても大事です。「7つの習慣J®」のプログラムは、テキストを読んで終わりではなく、一人ひとりが自分の成績目標にチャレンジできるまでの行動を促す実践的な授業を行います。

楽しく実践的な授業で、良い学習習慣を身につけられる

授業は専門資格を持つファシリテーターの先生が、お子様一人ひとりにあった成績目標達成のためのサポートと合わせて実施します。
「7つの習慣J®」プログラムでは、テキストだけではなくスライドやディスカッション、クイズやゲーム形式の授業といった楽しいと感じられる環境で良い習慣について理解をすることができます。
また、教科学習で学んだことを実力に変えるために、「勉強チャレンジ」一人ひとりに合わせたトレーニングを積むこともできます。

学習習慣に精通した先生が、身近な話題を織り交ぜて教えてくれるから、納得して学べる

授業スライドの例。よくある時間の使い方についての悩みです。「火事」と「消防士」の仕事を例に考えてみましょう!

プログラムでは、お子様が良く知っている人物や世の中の事象を例にした話がたくさん取り上げられています。また、「7つの習慣」に精通したコミュニケーション力、洞察力に優れた専門指導者のファシリテーターの先生が指導します。興味深い話題と先生の親しみやすい授業なので、自分のこととして納得しながら、学習習慣を身につけて行くことができるのもこのプログラムの特長です。

このページの先頭へ戻る